スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役者の仕事

さっき、スカステ(宝塚専門チャンネル)を観ていたら、

きりやん(月組トップスター)が

舞台にたつときは、自分を常にニュートラルな状態にしておく

と、お話なさってました。


生きていれば、いい日も悪い日もある。 どんなときでも、気持ちを自分の真ん中に置いておく     そうすることで、落ち着いて演技ができる

きりやんの、この言葉を聞きながら、わたし、あらためて役者の仕事ということを考えました。


自分以外の人間を演じるということは、確かに難しい・・
難しいからこそ、訓練し、経験値を増やし、
厳しい稽古に耐えて・・

そうやって、いざ本番をむかえるときには、一度すべてを忘れて、
ただ、自分の核だけで、真っ直ぐに立ってみる、

そこから広がるエネルギー感じながら。

そうすることで、臆せず舞台に立てるのではないかな・・


役者の仕事は、目に見えることだけじゃない

奥深いところでの、心の管理・・

それも、きっと大事な、役者の仕事。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇団不協和音

Author:劇団不協和音
演劇集団です
詳しくはHPを見て下さい♪
劇団不協和音ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。