スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋

昨日、可愛がっていた猫が息をひきとりました。
肺水症という病気にかかって入院していましたが、がんばってがんばって、それでも死の病には勝てず、白い布にくるまれて我が家に帰ってきました。
まだ生まれて一年・・・、あのこは何のために生まれてきたんだろう、身体が弱くてちっちゃくて、苦しむために生まれてきたの?  そう思っていたわたしに、お友達がメールしてくれました。

        きっと虹の橋で待ってるよ

虹の橋・・・、わたしは知らなかったけれど、いま世界中のたくさんの動物のサイトに伝わっている物語です。

天国の手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあって、すべての動物が死ぬとそこへ行きます。
そしていつかやってくる、地上にいたころに愛し合っていた人と一緒に、「虹の橋」を渡っていくのです。
誰にも愛されなかったこは、愛されたことのなかった人と一緒に。
でも、虹の橋には「雨降り地区」というのがあって、そこから出ていかないこもいます。 それは、地上に残してきた誰かさんがずっと悲しんでいるので、同じ辛い思いをして同じ悲しみに凍えているからです。

死はすべてを奪い去ってしまうものではない。 地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、「虹の橋」を創りあげている。
だから、別れの悲しみにだけ囚われないで。 彼らはあなたを幸せにするために、神様からつかわされたのです。

        命の儚さと愛しさを伝えるため

思いだして、動物たちが残していってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。
 それでも悲しくなったら、目を閉じてみて。
 「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずだから。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるから・・・。

わたしの心の目にも、元気に楽しそうに「虹の橋」の前を走りまわるあのこが見えるようです。

「虹の橋」 教えてくれて、本当にありがとう・・・うたちゃん

プロフィール

劇団不協和音

Author:劇団不協和音
演劇集団です
詳しくはHPを見て下さい♪
劇団不協和音ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。